ピルの購入をサポートします(はじめに)

「ピルを買いたいけれどもその購入方法がわからない…」

「ピルは病院に行って処方してもらわないと手に入らないのかしら?」

「ピルは薬局やドラッグストアで市販されているの?」

「ピルの値段っていくら?」

「ピルを通販で買いたいけど、どの個人輸入代行サイトを使えばいいの?」

「病院で処方されている正規のピルを通販サイトで購入する方法は?」

などなど、いざピルを購入しようと思っても様々な疑問がある出て来ると思います。このサイトでは、これからピルを購入したい方のためにその購入方法や値段、商品の違いやおすすめピル、副作用や飲み方など、様々な情報をまとめてわかりやすくご紹介しています。ピルを購入する前に全ての疑問を解消して、自分に一番合ったピルを選んでください。

ピルはどこで購入できるの?

ピルは薬局では市販されていません。ピルの購入方法には大きく分けて2つあります。産婦人科の病院やクリニックで処方してもらう方法と通販サイトで購入(個人輸入)する方法です。

ピルは薬局では買えません

日本ではピルは薬局では買えません。ピルが薬局では買えないのには主に3つの理由があります。

1つ目の理由として、日本の薬事法が世界的に見ても非常に厳しいということがあります。海外に比べて日本の薬事法の規制は、非常に複雑でわかりにくいと言われています。

2つ目の理由として、日本では性的話題が海外ほどオープンにされていないことがあります。産婦人科の医師でもピルをタブー視している人がいるほどなので、世間では市販に反対する意見がまだまだ根強くあります。

3つ目の理由として、病院や製薬会社がピルを処方せんとして高く売りたいという本音があります。同じピルでも市販されるとぐっと値段が下がりますが、処方せんとして販売ルートを制限していれば価格を高く保つことができます。病院ではそれに加えて診療費も収入として入るので、ピルが市販されては困るという本音があります。

関連: ピルが日本の薬局で市販されていない理由

病院(産婦人科やクリニック)での処方

ピルは医師の処方せんが必要な医療用医薬品に該当します。購入するには病院で診察を受け、医師がピルの処方が必要だと判断し、処方せんを書いてもらうことが必要です。薬事法によって、国内でのピルの販売については厳しく管理されています。

病院での購入は専門医に直接質問ができ、必要であれば検査も行ってもらえるので安心感があります。また、どのピルを飲むべきか迷った場合でも専門医が決めてくれるというメリットがあります。

ただ、病院でピルを購入した場合、通販に比べて薬の価格が割高になります。また、薬代の他にも診察費がかかることで余計にコストがかかります。お金以外にもその都度診察を受けなければならないので継続するのが難しいというデメリットもあります。

海外の通販サイトで購入(個人輸入)

ピルは医師の処方せんが必要な医療用医薬品なので、楽天やアマゾンのような通常のサイトでは購入できません。しかし、個人輸入代行サイトでなら購入することができます。

個人輸入代行サイトを利用すれば、国内通販と同じように簡単にピルを購入できます。ピルを個人輸入する際には、第三者に販売する目的でない限りは厚生労働省の許可は必要ではありません。自分が使用する目的であれば許可なしで輸入できます。

通販のメリットとして、同じピルが病院よりも安く購入できることがあります。またネットで購入できるので病院のように待ち時間などは必要なく、24時間いつでも注文ができます。サポートセンターにメールや電話などで相談できるので、プライバシーを守りながら質問ができるのもメリットです。

デメリットとしては、専門医による問診や検査を受けないので、服用してはいけない体の人が服用する可能性があることが挙げられます。また、正規のピルを取り扱っていない個人輸入代行サイトから購入してしまうと品質に問題がある場合もあります。

ピルを産婦人科の病院で処方してもらう方法

ピルを産婦人科の病院やクリニックで処方してもらうことに決めても、病院で一体どんなことを聞かれるのか、ピルを服用できない人はいるのか、値段はいくらなのか、保険は効くのかなど、様々な疑問が出て来ると思います。

ピルを服用できない人はいるの?

ピルを服用できない人はいます。病院では次のような内容について問診や検査が行われます。以下のような方は基本的にピルの服用ができません。

  • 低用量ピルや女性ホルモン剤でアレルギーを起こしたことがある方
  • 乳がん、子宮がん、その他のがんと診断されたことがある方
  • 激しい頭痛や偏頭痛のある方
  • 35歳以上でタバコを1日に15本以上吸う方
  • 思春期前の女性
  • 高血圧の方(軽度は除く)
  • 手術前4週間以内、または手術後2週間以内の方
  • 産後4週間以内の方
  • 妊娠中・授乳中の方
  • 妊娠中に黄疸、継続的なかゆみ、ヘルペスを発症した方
  • 血栓性静脈炎、肺塞栓症、脳血管障害、冠動脈疾患、胆道疾患、肝障害、心臓病、腎臓病、糖尿病、耳硬化症、潰瘍性大腸炎、うつ病、てんかん、ポルフィリン、喘息、リン脂質体症候群などの自己免疫性疾患、脂質代謝異常(高脂血症)になったことがある方

病院でのピルの値段は?

病院でのピルの値段は通販サイトで購入するよりも割高になるうえに、病院では薬代の他に初診料、再診料、処方料、指導料、検査料などの診察費がかかります。診察費は通常は3,000円~5,000円ほどですが、精密検査が必要な場合は検査料だけでも1万円~3万円ほどかかります。

病院でピルに保険は効くの?

基本的にピルに保険は適用されず、自由診療なので、各病院やクリニックが自由に値段を設定できます。避妊のためや生理日をずらしたいという理由でピルが処方される場合は、保険が効きません。しかし、月経困難症や子宮内膜症などの病気の治療として処方される場合は、保険が適用されます。またピル自体には保険が効かなくても、検査料に保険が効く場合もあるので、保険証は必ず持参するようにしましょう。

関連: 産婦人科の病院でピルが処方されるまでの流れ

ピルを通販でかんたんに購入する方法

ピルを通販で購入する

ピルは病院に行かずとも通販サイトで手軽に購入することができます。以前病院でピルを処方されたことがある方は、その同じピルをもらうために何度も病院に通うのは、時間もお金もかかるから嫌だと感じているのではないでしょうか。通販サイトから購入すればそのような負担がなくなり、服用を無理なく続けることができます。

ピルはネット通販で買うのがおすすめ

ピルはネット通販で買うのがおすすめです。ピルを服用している方の中には、病院のピルは高すぎる、診察費や交通費など薬代以外のお金がかかるのは嫌だ、病院に行くのは恥ずかしい、誰にも知られずに購入したい、などと思っている方も多いと思います。ネット通販はそのような悩みを全て解決してくれます。

医薬品の個人輸入は違法?いいえ、法律で認められています

医薬品を個人輸入することは違法なのでは?と思われるかもしれませんが、個人が自分で使用するために輸入することは合法です。第三者に販売する目的で輸入する場合は厚生労働省の許可が必要ですが、そうでない限りは許可は必要ではありません。ピルを個人輸入することは法律で認められています。

個人輸入は手続きなどが煩雑ですが、個人輸入代行サイトを使えば国内通販のように簡単に購入できます。ネット上には数多くの個人輸入代行サイトが存在しますが、正規品を取り扱っている信頼のおけるサイトを選ばないと偽物ということもあるので気をつけてください。

@通販は最強の輸入代行サイト!

個人輸入代行サイトの中でおすすめなのは@通販です。@通販は香港を拠点に運営されており、サイトも日本語、サポートも日本語ととても使いやすい通販サイトです。国内通販と同じようにネット上で注文するだけで商品があなたのもとに届きます。

@通販で購入すると梱包にも商品名や差出人名が記載されないので、プライバシーが守られます。私書箱留めにも対応しているので、自宅に配達されると困る場合でも安心です。

@通販は7,000円以上のお買い上げで送料が無料になるので、海外からの運送料は高いという悩みもなくなります。まとめ買いをすると商品の値段も送料もお得になります。

関連:

@通販でピルを購入してみましょう(購入ガイド)

@通販で実際にピルを購入してみましょう。

以下の購入ガイドには@通販での購入の仕方がわかりやすく紹介されています。ぜひ参考にしてください。

関連: @通販でピルを購入してみましょう(購入ガイド)

通販で購入できるピルの種類と値段

ピルと一言で言っても様々な種類があります。それぞれのピルの特徴をよく知ったうえで、自分に一番合ったものを選びましょう。低用量ピルやアフターピルなど、目的によってピルを正しく使い分け、用量についても間違わないようにしましょう。以下でピルの種類と具体的な商品について、まとめてご紹介します。

経口避妊薬

経口避妊薬は避妊を目的として、性行為を行う前に前もって継続して服用するピルです。ピルと言うと通常は経口避妊薬のことを指し、その中でも特に低用量ピルのことを指します。低用量ピルは含まれる成分(ホルモン剤など)をできるだけ低く抑えることで、副作用が最小限になるよう開発が重ねられています。

低用量ピルは女性ホルモンの含有量が比較的低量なので、副作用を軽減しながら避妊効果などは高く保たれています。避妊の他にも月経困難症や子宮内膜症などの病気の治療に利用されます。生理不順の改善や生理日の調整などの目的でも利用されます。

経口避妊薬には、トリキュラー、マーベロン、ヤーズ、ヤスミン、ダイアン35、マーシロンなどがあります。詳しくは以下をご覧ください。

関連: 経口避妊薬(低用量ピル)の種類と値段

商品名

数量

単価

購入

トリキュラー

21錠 x 12箱

¥6,880

1箱(1ヶ月分)

¥573

カートに入れる

ヤーズ

28錠 x 7箱

¥21,618

1箱(1ヶ月分)

¥3,088

カートに入れる

ヤスミン

21錠 x 7箱

¥19,902

1箱(1ヶ月分)

¥2,843

カートに入れる

ダイアン35

21錠 x 7箱

¥12,256

1箱(1ヶ月分)

¥1,750

カートに入れる

ノベロン

(マーベロンジェネリック)

21錠 x 7箱

¥8,597

1箱(1ヶ月分)

¥1,228

カートに入れる

フェミロン

(マーシロンジェネリック)

21錠 x 7箱

¥10,884

1箱(1ヶ月分)

¥1,554

カートに入れる

アフターピル

アフターピルとは緊急避妊薬のことで、性行為の途中で避妊に失敗した場合や避妊対策をせずに性行為をしてしまった場合に、緊急処置として(通常は)1回だけ服用するピルです。性行為後決まった時間内(通常は72時間以内)に飲むことで、避妊効果が得られるとされています。早く飲めば飲むほど避妊の確率は高くなります。

アフターピルは非常に大量の女性ホルモンを摂取することで、妊娠を回避するものです。そのため体への負担や副作用はどうしても大きくなってしまいます。

代表的なアフターピルにはノルレボがあります。そして、ノルレボはジェネリックが複数のメーカーから出ており、アイピル、アンウォンテッド72、シー72、ノーフェア72などがあります。詳しくは以下をご覧ください。

関連: アフターピル(緊急避妊薬)の種類と値段

商品名

数量

単価

購入

アイピル

1箱(1錠) x 7箱

¥7,683

1箱(1錠)あたり

¥1,097

カートに入れる

アンウォンテッド72

1箱(1錠) x 7箱

¥6,768

1箱(1錠)あたり

¥966

カートに入れる

シー72
1箱(1錠) x 7箱
¥7,683
1箱(1錠)あたり¥1,097
カートに入れる
ノーフェア72
1箱(1錠) x 7箱
¥7,683
1箱(1錠)あたり¥1,097
カートに入れる

ジェネリックのピル

ジェネリックは後発医薬品とも呼ばれ、新薬(先発医薬品)の特許が切れた後に販売されます。新薬と成分や効能は同じでありながら、価格は安価というメリットがあります。ジェネリックはすでに有効性や安全性が証明されている新薬の成分を使用できるので、開発費や販売費が節約でき、価格を低く抑えることができます。

ジェネリックとして販売されているピルは、ノベロン(マーベロンのジェネリック)、フェミロン(マーシロンのジェネリック)、そしてノルレボのジェネリックであるアイピル、アンウォンテッド72、シー72、ノーフェア72などです。

関連: ピルのジェネリックの種類と値段

経口避妊薬のジェネリック

商品名

数量

単価

購入

ノベロン

(マーベロンジェネリック)

21錠 x 7箱

¥8,597

1箱(1ヶ月分)

¥1,228

カートに入れる

フェミロン

(マーシロンジェネリック)

21錠 x 7箱

¥10,884

1箱(1ヶ月分)

¥1,554

カートに入れる

アフターピルのジェネリック(全てノルレボのジェネリック)

商品名

数量

単価

購入

アイピル

1箱(1錠) x 7箱

¥7,683

1箱(1錠)あたり

¥1,097

カートに入れる

アンウォンテッド72

1箱(1錠) x 7箱

¥6,768

1箱(1錠)あたり

¥966

カートに入れる

シー72

1箱(1錠) x 7箱
¥7,683

1箱(1錠)あたり¥1,097

カートに入れる

ノーフェア72

1箱(1錠) x 7箱
¥7,683

1箱(1錠)あたり¥1,097

カートに入れる

 
 ページの先頭に戻る