トリキュラーを購入する(通販で安く購入する方法と値段比較)

トリキュラー21のパッケージ

製薬会社 バイエル薬品
販売開始 1976年
区分 低用量ピル
成分 エチニルエストラジオール

レボノルゲストレル

世代 第二世代
相性 三相性
錠数 21錠・28錠

トリキュラーは1976年にドイツで開発されてから40年以上に渡って使われ続けてきた、世界的に人気のある低用量ピルです。日本においても、1999年に販売されてから多くの病院で利用されている、充分な実績と安全性を兼ね備えたピルです。

ここではトリキュラーの特徴、副作用、飲み方、値段、購入方法など、購入前にチェックしておくべきポイントを紹介しています。

トリキュラーは通販で購入できます。

トリキュラー
トリキュラー 第二世代・三相性の低用量ピルです。病院でも広く処方されており、充分な実績がある安全性の高いピルです。

トリキュラーの特徴

トリキュラーは利用実績が充分にある安全な低用量ピルです。副作用が軽減されており、その中でもとりわけ不正出血が少なく、生理が規則正しく来るという特徴があります。

避妊効果以外にも生理痛の軽減、生理不順の改善、子宮内膜症の治療などに利用されます。また、長期服用によって卵巣がんや子宮体がんのリスクも減らすことができます。

副作用が低減されている

トリキュラーは三相性のピルなので、体への負担が少なく副作用が軽くなっています。

バイエル社の調査によると、トリキュラーの服用者で何らかの副作用が見られたのは約11.4%でした。これは他の低用量ピルに比べても低い数字になっています。

※参考たとえば、同じ低用量ピルのマーベロンでは、2,932 例(37,431周期)中、副作用が報告されたのは707例(24.1%)でした。

不正出血が少なく、生理が飛びにくい

トリキュラーは副作用の中でもとりわけ不正出血が少ないという特徴があります。また、生理が飛びにくく、生理が安定しやすいというメリットもあります。

この理由は、トリキュラーは三相性なので子宮内膜が安定しやすくなるからです。子宮内膜が安定すると不正出血の頻度が少なく、休薬期間中の生理も起こりやすくなります。

避妊だけではなく複数の効果がある

トリキュラーは他の低用量ピルと同様に、避妊以外の効果も期待できます(生理不順の改善・生理痛の緩和など)。また、子宮内膜症の治療にも利用されています。

低用量ピルを服用すると、排卵が抑制されて卵巣のストレスが軽減します。その結果長期的には卵巣がんの抑制効果が期待できます。

また、子宮内膜が厚くなるのを抑制するので、子宮内膜増殖症の予防になります。加えて、子宮体がんのリスクも軽減できます。子宮内膜がきれいにはがれることから、古い子宮内膜の蓄積も予防できます。

購入前にチェックしたい飲み方のポイント

トリキュラーを購入する前に、飲み方のポイントを把握して、自分の生活スタイルに合うかをイメージしてみましょう。

トリキュラーには21錠タイプと28錠タイプがあります。28錠タイプには飲み忘れ防止のための偽薬が7錠ついていますが、飲み方は基本的に同じです。ここでは21錠タイプについて説明します。

トリキュラー21のシート(表側)

トリキュラーは三相性なので、このようにホルモン量の違いで色分けがされています。

通常、赤茶色(6錠)、白色(5錠)黄色(10錠)の順に飲みます。1日1錠を21日間服用し、7日間休薬します。休薬期間が終わったら、29日目を1日目として次のシートを飲み始めます。

他のピルと同様に、飲み始めに吐き気や胃のむかつき、頭痛、乳房痛などの副作用が出ることがあります。ほとんどの場合、3日から2か月ほどでピルのホルモンに体が慣れ、症状は消えていきます。それ以上続く場合は医師にご相談ください。

また、トリキュラーも他の低用量ピルと同様に血栓症のリスクがあります。喫煙者、40歳以上の女性、肥満、高血圧、その他の持病があるかたは服用前に医師にご相談ください。

トリキュラーの詳しい飲み方は以下の記事にまとめてあります。購入後に飲み方がわからない場合はこちらをご覧ください。

関連:ピルの飲み始め方

トリキュラーの購入方法と値段は?

トリキュラーの購入方法には、産婦人科の病院やクリニックで処方してもらう方法と、通販を利用して海外から購入する方法(個人輸入)があります。

病院での購入は薬以外にも費用がかかるので高額になってしまいます。そのため、最近では安くピルを続けるために通販を利用するかたが増えています。また、通院の手間を省くため、最初だけ病院で処方してもらい、以降は通販で購入するというかたも多くいます。

病院のピルの値段はどうしても高くなる

病院で処方されるトリキュラーの値段は、1か月分で1,500円~2,500円ほどですが、それとは別に診察費(初診料、再診料、処方料、検査料など)が3,000円~5,000円ほどかかります。

病院によってはピルを処方するために、子宮がん検診や超音波検査などが必要な場合もあります。そうなると、さらに検査だけで1万円~3万円ほどかかってしまいます。

トリキュラーを安く購入するなら通販(個人輸入)がおすすめ

トリキュラーは通販(個人輸入)を使うことで、病院の50%~30%の価格で購入できます

個人輸入代行サイトを使うと面倒な手続きが不要になり、国内の通販サイトと同じように購入できます。

購入には@通販をおすすめします。サイトもサポート体制も全て日本語対応なので、安心して利用できます。輸入代行サイトには偽物を販売している危険なサイトもあるので、信頼のおけるサイトを選びましょう。

関連:

トリキュラーを実際に購入してみよう

@通販では、まとめ買いを利用することでトリキュラーが1か月あたり約573円で購入できます。

トリキュラーの@通販での価格は以下の通りです。

数量

価格

単価(1箱あたり)

21錠 × 1箱(1ヶ月分)

1,480円

1,480円

21錠 × 2箱(2ヶ月分)

2,604円

1,302円

21錠 × 3箱(3ヶ月分)

3,065円

1,021円

21錠 × 5箱(5ヶ月分)

3,804円

760円

21錠 × 7箱(7ヶ月分)

4,716円

673円

21錠 × 12箱(12ヶ月分)

6,880円

573円

こちらから直接購入することができます。

トリキュラー
トリキュラー 第二世代・三相性の低用量ピルです。病院でも広く処方されており、充分な実績がある安全性の高いピルです。

購入の手順を詳しく知りたいかたは購入ガイドをご覧ください。

関連:

おすすめの低用量ピルBest3

ピル購入ガイドがおすすめする低用量ピルです。まとめ買いをするとさらにお得に購入できます。
トリキュラー
トリキュラー 第二世代・三相性の低用量ピルです。病院でも広く処方されており、充分な実績がある安全性の高いピルです。
ノベロン(マーベロンジェネリック)
ノベロン(マーベロンジェネリック) ノベロンはマーベロンのジェネリック医薬品です。マーベロンと同様、第3世代1相性のピルです。避妊効果はもちろん、ニキビ治療や生理日調整に使用されます。
超低容量ピル・ヤーズ
超低容量ピル・ヤーズ: ヤーズは第4世代1相性の超低用量ピルです。避妊効果は他のピルと同様にありながら、副作用が最小限に抑えられています。日本では月経困難症の治療薬として承認されています。

カテゴリ一覧

 ページの先頭に戻る