ピルの種類と値段

ピルには用途や効き目によって多くの種類があります。購入の際には自分の目的に一番合ったものを選ぶために、それぞれの特徴を正しく理解しなければなりません。ここではピルの種類や効果と実際に購入する際の値段を紹介します。

なお、商品の値段は病院での処方される場合の値段ではなく、@通販を利用した場合のピルの値段をご紹介しています。病院でのピルの値段については以下をご覧ください。

関連:

経口避妊薬

ピルの主な種類には経口避妊薬とアフターピル(緊急避妊薬)がありますが、経口避妊薬は性行為の前の避妊対策として、前もって継続的に服用するピルです。ピルというと通常は経口避妊薬を指し、その中でも低用量ピルのことを指します。

経口避妊薬は定期的に飲むことで避妊効果が得られるピルで、世界で多くの女性が利用しています。1960年代にアメリカで開発されて以来、今では1,200万人の女性が服用しており、イギリスでは16歳~49歳の女性の約3分の1が服用しています。日本でも1999年に避妊目的の低用量ピルが認可され、2008年には月経困難症の治療薬としても認可されました。

低用量ピルとは?

低用量ピルは、経口避妊薬とほぼ同義語で使われています。低用量ピルは含まれている女性ホルモンの量が比較的少なく、体への負担や副作用が軽減されています。通常は低用量ピルを1日に1回継続して飲むことで排卵を抑制し、子宮内膜の増殖も抑えられるので、避妊効果を得ることができます。

避妊の他にも、月経困難症や子宮内膜症などの病気の治療や生理日の調整などの目的で使用されます。

世代と相性

経口避妊薬は「世代」と「相性」によって分類することができます。世代については含まれている黄体ホルモン(プロゲステロン)が開発された順によって分類されており、「第一世代」「第二世代」「第三世代」「第四世代」に分けられます。

また、世代とは別に1周期中のホルモン量の変化の仕方(相性)によって、一相性と三相性に分類されます。一相性は服用期間のホルモン量が一定しており、三相性は服用期間中のホルモン量が3段階に変化するようになっています。

関連:ピルの種類と飲み方の違い | ピルの飲み方ガイド

現在購入可能な経口避妊薬(低用量ピル)の一覧

現在購入可能な経口避妊薬(低用量ピル)の一覧は以下の通りです。トリキュラー、ヤーズ、ヤスミン、ダイアン35、ノベロン(マーベロンのジェネリック)、フェミロン(マーシロンのジェネリック)などがあります。

それぞれ、世代と相性の組み合わせによって飲み方や効果の違いがあります。

商品名

数量

単価

購入

トリキュラー

(第二世代・三相性)

21錠 x 12箱

¥6,880

1箱(1ヶ月分)

¥573

カートに入れる

ヤーズ

(第四世代・一相性)

28錠 x 7箱

¥21,618

1箱(1ヶ月分)

¥3,088

カートに入れる

ヤスミン

(第四世代・一相性)

21錠 x 7箱

¥19,902

1箱(1ヶ月分)

¥2,843

カートに入れる

ダイアン35

(一相性)

21錠 x 7箱

¥12,256

1箱(1ヶ月分)

¥1,750

カートに入れる

ノベロン

(マーベロンジェネリック)

(第三世代・一相性)

21錠 x 7箱

¥8,597

1箱(1ヶ月分)

¥1,228

カートに入れる

フェミロン

(マーシロンジェネリック)

(第三世代・一相性)

21錠 x 7箱

¥10,884

1箱(1ヶ月分)

¥1,554

カートに入れる

アフターピル(緊急避妊薬)

アフターピルは緊急避妊薬とも呼ばれるように、性行為後の決まった時間内(通常は72時間以内)に緊急避妊のために飲むピルです。対処が早ければ早いほど避妊の確率が上がります。

性行為の際にコンドームが破れてしまったなどの理由で避妊に失敗した場合に、妊娠を防ぐために服用します。病院で処方してもらう場合は、ピルが必要な理由を明確にしないと、間違って低用量ピルが処方されてしまう場合もあるので気をつけてください。

定期的に飲む低用量ピルとは違い、大量の女性ホルモンが含まれているので体にかかる負担は大きくなります。吐き気や嘔吐、頭痛などの副作用も低用量ピルに比べて大きく、服用後吐いてしまった場合は、何時間以内に吐いてしまったかによって再度服用する必要があります。

病院で処方してもらう場合は、吐いた場合でも再度診察を受ける必要があるので、時間の経過とともに避妊の確率も下がってしまうことになります。

現在購入可能なアフターピル(緊急避妊薬)の一覧

現在購入可能なアフターピル(緊急避妊薬)の一覧は以下の通りです。アイピル、アンウォンテッド72、ノーフェア72などがあります。

商品名

数量

単価

購入

アイピル

1箱(1錠) x 7箱

¥7,683

1箱(1錠)あたり

¥1,097

カートに入れる

アンウォンテッド72

1箱(1錠) x 7箱

¥6,768

1箱(1錠)あたり

¥966

カートに入れる

シー72

1箱(1錠) x 7箱
¥7,683

1箱(1錠)あたり
¥1,097

カートに入れる

ノーフェア72

1箱(1錠) x 7箱
¥7,683

1箱(1錠)あたり
¥1,097

カートに入れる

ピルのジェネリック

ジェネリックとは後発医薬品とも呼ばれ、先発医薬品である新薬の特許が切れた後に販売される薬のことを指します。先発医薬品と成分は同じで値段は安いというのがメリットです。

ジェネリックはすでに有効性や安全性が証明された先発医薬品の成分を使用することができるので、開発費や販売費を抑えることができます。その分、価格は低く抑えられています。

現在購入可能な経口避妊薬のジェネリック

現在購入可能な経口避妊薬のジェネリックの一覧は以下の通りです。ノベロン(マーベロンのジェネリック)、フェミロン(マーシロンのジェネリック)などがあります。

商品名

数量

単価

購入

ノベロン

(マーベロンジェネリック)

21錠 x 7箱

¥8,597

1箱(1ヶ月分)

¥1,228

カートに入れる

フェミロン

(マーシロンジェネリック)

21錠 x 7箱

¥10,884

1箱(1ヶ月分)

¥1,554

カートに入れる

現在購入可能なアフターピル(緊急避妊薬)のジェネリック

現在購入可能なアフターピル(緊急避妊薬)のジェネリックの一覧は以下の通りです。アイピル、アンウォンテッド72、ノーフェア72などがあります。

商品名

数量

単価

購入

アイピル

1箱(1錠) x 7箱

¥7,683

1箱(1錠)あたり

¥1,097

カートに入れる

アンウォンテッド72

1箱(1錠) x 7箱

¥6,768

1箱(1錠)あたり

¥966

カートに入れる

シー72

1箱(1錠) x 7箱
¥7,683

1箱(1錠)あたり
¥1,097

カートに入れる

ノーフェア72

1箱(1錠) x 7箱
¥7,683

1箱(1錠)あたり
¥1,097

カートに入れる

カテゴリ一覧

 ページの先頭に戻る