ダイアン35を購入する(通販で安く購入する方法と値段比較)

ダイアン35のパッケージ

製薬会社 バイエル薬品
販売開始 1987年
区分 低用量ピル
成分 エチニルエストラジオール

酢酸シプロテロン

世代 第三世代
相性 一相性
錠数 21錠

ダイアン35はもともとはニキビ治療薬として1987年にヨーロッパで認可されました。日本では未承認のピルなので、ニキビ治療薬としても、避妊ピルとしても処方されていません。ですが、一部のクリニックで輸入品として販売されています。

ダイアン35は小柄なアジア人女性の体型に合わせて作られたピルで、副作用が少ないという特徴があります。

ここではダイアン35の特徴、副作用、飲み方、値段、購入方法など、購入前にチェックしておくべきポイントを紹介しています。

ダイアン35は通販で購入できます。

ダイアン35
ダイアン35 ダイアン35は1相性の新しいタイプのピルです。避妊効果だけでなく、男性ホルモンを抑える作用が強いのでニキビに対して高い効果があります。

ダイアン35の特徴

ダイアン35は小柄なアジア人女性向けの低用量ピルです。ニキビ治療に特に利用されますが、その他にも複数の効果が期待できます。一相性ピルとしてのメリットもあります。

小柄なアジア人女性向けの低用量ピル

ピルは海外で開発されたものがほとんどなので、通常は欧米人の体型に合わせた成分配合になっています。そのため、小柄なアジア人にはきつすぎるという欠点があります。そんな問題を解決するために、アジア人女性の体型に合わせたダイアン35が開発されました。

ダイアン35には少量のエチニルエストラジオール(卵胞ホルモン)と酢酸シプロテロン(黄体ホルモン)が配合されています。これらの成分量を減らすことによって体への負担が軽減されています。

エチニルエストラジオールには強い女性化作用が、酢酸シプロテロンには強い抗男性化作用があり、男性化症状(アンドロゲン作用)として現れるニキビや多毛症などの副作用も抑制されています。

また、21錠すべてが同じホルモン量になっている一相性ピルなので、ホルモンバランスの急激な変化が起こりません。よって、吐き気や頭痛などの副作用も出にくくなっています。

ニキビ治療に特に利用される

ダイアン35の最大の特徴は、ニキビに対する効果です。ニキビ治療の臨床実験において、高い効果が報告されています。

ダイアン35を服用すると男性ホルモンの働きが抑制され、脂質代謝が減少し、ニキビができにくくなります。口周り、あご、首などの大人ニキビにも効果が期待できます。

避妊の他にも多くの効果を発揮

ダイアン35は必要な女性ホルモンは保ちながら男性ホルモンを抑制するので、避妊の他にも多くの効果を発揮します。

ニキビ改善の他にも、美肌効果、アンチエイジング効果、体臭改善効果などが期待できます。これは、男性ホルモンが抑制されると皮脂の過剰分泌が抑えられるからです。また、女性ホルモンのバランスも整うので、肌荒れなどの肌トラブルの解決にもつながります。

その他にも、月経困難症や子宮内膜症、生理不順の改善に使用されます。また、子宮体がんや卵巣がんなどのリスクを低下させることも実証されています。

男性ホルモンを抑制する作用によって、多毛症や脱毛症の改善、育毛効果、更年期障害の軽減なども期待できます。体つきが女らしくなることから、副効用でバストアップの効果が得られることもあります。

一相性ピルとしてのメリットがある

ダイアン35はホルモン量が一定に保たれた一相性ピルです。一相性ピルには以下のようなメリットがあります。

飲み間違いがない

成分量が全て同じなので、順番を間違えて飲んでも効能に変わりはありません。トリキュラーなどの三相性ピルの場合は、3種類の実薬があるので飲み間違いが起こりやすいですが、1種類なら飲み方がシンプルなので、その心配がありません。

生理日を調節しやすい

一相性のピルはどのピルから飲んでも、飲み始める日を変えるだけで生理日の調節ができます。しかし、三相性のピルは何錠かを飛ばす必要があったりするので、調節が面倒です。一相性のピルは、面倒な計算をする必要がないのがメリットです。

月経前症候群(PMS)の治療に向いている

月経前症候群(PMS)は、女性ホルモンが生理周期に合わせて変化することが原因で起こります。一相性のピルはホルモン量の変動を抑制しやすいことから、月経前症候群(PMS)の治療に向いています。

購入前にチェックしたい飲み方のポイント

ダイアン35を購入する前に飲み方をチェックして、自分の生活スタイルにどのように取り入れるかをイメージしましょう。

ダイアン35のシート(表側)

ダイアン35のシート(裏側)

ダイアン35は一相性のピルなので、写真のように全ての錠剤の色が同じになっています。シートの裏側に飲む順番(曜日)が書かれていますが、どこから飲んでも効果に影響はありません。1日1錠を21日間服用し、7日間休薬します。休薬期間が終わったら、29日目を1日目として次のシートを飲み始めます。

ダイアン35の副作用は比較的少なくなっていますが、人によっては頭痛、吐き気、乳房の張りや痛み、不正出血、むくみなどの症状が現れる場合があります。これは飲み始めの一時的なホルモンバランスの変化が原因で起こります。通常は飲み続けるうちにホルモンバランスが安定し、副作用が改善されて行きます。症状が激しい場合や2か月ほど飲み続けても副作用がなくならない場合は、服用をやめて医師にご相談ください。

また、ダイアン35は他の低用量ピルと同じように血液を固まらせる性質があるので、40歳以上の方や喫煙者の方は、血栓症のリスクについて事前に医師にご相談ください。

トランスジェンダー(MTF)や性同一障害の男性が、女性化するためにダイアン35を利用している実情があります。しかし、精巣への損傷や精子の奇形などの重篤な副作用が出る恐れがあるので、男性は安易にダイアン35を服用するべきではありません。

ダイアン35の詳しい飲み方については以下の記事にまとめてあります。購入後に飲み方がわからない場合は以下をご覧ください。

関連:

購入方法と値段は?

ダイアン35を処方しているクリニックはほとんどないので、通販を利用して海外から購入(個人輸入)しなければなりません。個人輸入代行サイトを利用すれば、国内通販と同じように日本語だけで購入が可能です。

クリニックでは高額になる

ダイアン35は日本では未許可のピルなので、医師が患者のためという名目で個人輸入をして処方しています。そのような数少ないクリニックでは、薬代だけで4,000円~5,000円ほどかかります。それとは別に、初診料、再診料、処方料、指導料、検査料などの診察費が3,000円~5,000円ほどかかります。

精密検査が必要な場合は、検査料だけでさらに1万円~3万円ほど必要になります。処方薬は通販に比べるとどうしても高額になってしまいます。

ダイアン35を安く購入するなら通販(個人輸入)がおすすめ

病院のダイアン35も個人輸入されたものを使用しているので、取り扱っている病院を探すよりも、自分で個人輸入するほうが簡単です。さらに病院より安く購入することができます。

通販サイトとしておすすめなのは@通販です。サポート体制も日本語対応なので、安心して利用できます。個人輸入代行サイトの中には偽物を販売している悪質なサイトもあるので、信頼のおけるサイトを選ぶようにしましょう。

関連:

ダイアン35を実際に購入してみよう

@通販でまとめ買いを利用すると、ダイアン35が1か月あたり約1,750円で購入できます。

ダイアン35の@通販での価格は以下の通りです。

数量

価格

単価(1箱あたり)

21錠 × 1箱(1ヶ月分)

2,680円

2,680円

21錠 × 2箱(2ヶ月分)

4,395円

2,197円

21錠 × 3箱(3ヶ月分)

5,995円

1,998円

21錠 × 5箱(5ヶ月分)

9,064円

1,812円

21錠 × 7箱(7ヶ月分)

12,256円

1,750円

こちらから直接購入できます。

ダイアン35
ダイアン35 ダイアン35は1相性の新しいタイプのピルです。避妊効果だけでなく、男性ホルモンを抑える作用が強いのでニキビに対して高い効果があります。

購入の手順を詳しく知りたいかたは購入ガイドをご覧ください。

関連:

おすすめの低用量ピルBest3

ピル購入ガイドがおすすめする低用量ピルです。まとめ買いをするとさらにお得に購入できます。
トリキュラー
トリキュラー 第二世代・三相性の低用量ピルです。病院でも広く処方されており、充分な実績がある安全性の高いピルです。
ノベロン(マーベロンジェネリック)
ノベロン(マーベロンジェネリック) ノベロンはマーベロンのジェネリック医薬品です。マーベロンと同様、第3世代1相性のピルです。避妊効果はもちろん、ニキビ治療や生理日調整に使用されます。
超低容量ピル・ヤーズ
超低容量ピル・ヤーズ: ヤーズは第4世代1相性の超低用量ピルです。避妊効果は他のピルと同様にありながら、副作用が最小限に抑えられています。日本では月経困難症の治療薬として承認されています。

カテゴリ一覧

 ページの先頭に戻る